忍者ブログ
「鍋焼き本舗カード館」のBlogです。気ままに更新。
[74]  [73]  [66]  [61]  [53]  [50]  [51]  [49]  [48]  [46]  [45
PR
先週挑戦したガラス蓋の「一部カット(曲線切り)」は、ことごとく失敗したので、今日は直線切りだけにしました。
 

ga1.jpg

「NEWスティングレー NS―106」用のガラスフタ(カット前)です。この写真のような両切りタイプは片切タイプとセットで販売しているようです。単品で販売していればよいのに。

ga2.jpg

カットする部分にマジックで下書き。今回は当然直線です。

ga3.jpg

下書きしたガラス蓋とガラスカッター。写真のガラスカッターは灯油とかを入れなくても良いタイプです。

ga4.jpg

ガラスカッターに定規を当てて、「チッチッチーー」とガラスを切ります。ガラスを切ると言いますが、ガラスの表面に傷を付ける程度です。薄いガラスの場合はこのあと両手を使ってペキッと割れます。今回はうまくカットできました。ガラスカットはガラスカッターの角度が大切なようで、角度が悪かったときは変に割れます。

ga5.jpg

カットしたガラスのカット面は、大変危険です。砥石で角をきれいに(まるく)します。この処理をしないと角で手が切れたり、細かなガラス片が手などに刺さります。

今回は満足いくカットができました。が、カットしたことによりガラスフタのバランスが悪くなって両切り側が、水槽内に前のめりする感じになりました。今度はフタが落ちないようにフタ受けを作らないといけないようです。

なお、ガラスカットは大変危険を伴いますので、身を守る道具(手袋等)や、破片が床等に残らないよう十分な対策をし、自己責任で行ってください。
 


Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理人(お問い合せもコチラ)
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]